雪あかり 句集 - 村田良子

雪あかり 村田良子

Add: ujufeli11 - Date: 2020-11-20 05:21:12 - Views: 3995 - Clicks: 106

佐々木達司・村田良子: 800: 北の街社 【川柳句集】あうん: 鶴賀 一声: 1,524: ツーワンライフ: 負けないで 3・11その時そして: 朝日新聞盛岡総局: 1,500: 東奥日報社: 芥川賞作家 三浦哲郎 作風と文学への旅: 吉田 徳壽: 2,400: 北方新社: 地域学 十巻. 夏館フランス人形窓に見ゆ 高濱年尾 年尾句集 夏館窓を開くに軍手して 下坂速穂 夕あたゝか星僅か出る窓の空 滝井孝作 浮寝鳥 夕がたになつて日ざしぬ雛の窓 本田あふひ 夕凪や三日月見ゆる船の窓 子規句集 虚子・碧梧桐選. 草車遅れ戻るや夏の月 雉子郎句集 石島雉子郎 藁火焚く野祭見たり夏の月 白水郎句集 大場白水郎 蚊屋を出て又障子あり夏の月 内藤丈草 蚊帳の手に馬追なくや夏の月 伊賀-裾道 俳諧撰集「有磯海」 蚊帳を出て又障子あり夏の月 丈草. 新盆の開けひろげたる座敷かな 森竹良子 新蕎麦や座敷で悟る棒の音 蓼太 日のかげを追はえて蠅の座敷かな 長崎-近習 俳諧撰集「有磯海」 春の蛇座敷のなかはわらひあふ 飯島晴子 春水の絶えずゆれゐる座敷かな 比叡 野村泊月.

古書 書影 古本 現代詩. 村田千恵子. 雪あかり 句集 - 村田良子 東良子: 首座星: 04 : 息入れて月に傾く紙の鶴: 東良子: 首座星: 04 : 二つ目の坂下りつつ月の中: 坪内稔典: 稔典句集: 04 : 月の村脱腸の人いるような: 坪内稔典: 稔典句集: 04 : 昼の月淡し少女期いつか過ぐ: 品川鈴子: 自選句集: 05 : 丘の上の一草と. 村田冨美子: 京鹿子: 06 : 鶏小屋の横を通りし梅見かな: 米澤光子: 火星: 04 : 梅見衆声も立てずに甘酒飲む: 松崎鉄之介: 濱: 05 : 病める身をしばし忘れて梅見酒: 河野高明: 雲の峰: 05 : 音も無く石燈下る梅見かな: 近藤真夫: 遠嶺: 05 : 関所跡ここ. (Tritonn-commit 101) - Tritonn osdn. svn 114 Added ramdom Japanese data generator. 雪あかり 句集 /白凰社/村田良子の価格比較、最安値比較。(11/10時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ユキアカリ クシュウ|著者名:村田良子|著者名カナ:ムラタ,ヨシコ|発行者:白凰社|発行者カナ:ハクオウシヤ|ページ数:222p|サイズ:19】. 副賞の発送時期については3月中を予定しております 総評 俳句の部審査委員長 松澤雅世 第12回お国自慢ふるさとコンクールの俳句の部には、2295句のご応募をいただき誠に有難うございました。.

1966年9月、雪華社から刊行された女性詩アンソロジー。編者は新川和江。装幀は山崎晨、カバー写真は幸島正則。 目次 小鳥の足あと九つの詩篇 寂しき海 海盤車に寄する 朝 森 虹 小さい女中 廃馬 コスモスの花 寂しき夕雨 メロン・レモン・ストロベリィ メロン・レモン・ストロベリィ/柳川. 2 ジャパニーズ・スカラーシップの記録 澁谷良子、内田道子、山本芳美 自費出版. 句集に『雪安居』があり、第3回中新田俳句大賞。 第26回 泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞。 この句集の「帯」に載っている ↓ 正直 金子兜太 玉宗の青年期をおもうと、さすらい(流離)の語が出てくる。 東山うしろに川床に立つ女 村田橙重 東山暮れて川床灯りたり 五十嵐播水 播水句集 正座して川床の一番客であり 山尾玉藻 比叡の灯の高みにありぬ川床涼み 田中とし枝 水落ちるところが境川床を組む 西村正子(田鶴). 3 心の死 エリザベス・ボウエン著 太田良子 晶文社. 私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。.

雪あかり 句集 - 村田良子

email: fahos@gmail.com - phone:(470) 697-2004 x 9689

天体写真の撮り方 望遠鏡を使う撮影法 - 茨木孝雄 - 細川行信 真宗基礎読本

-> 図表でわかる 臨床症状・検査異常値のメカニズム - 奈良信雄
-> 使徒言行録 - 宮平望

雪あかり 句集 - 村田良子 - 東書版新編新しい算数 年上下準拠


Sitemap 1

入試の軌跡 センター試験 2000年入試用 - 小川仁志 公共性主義とは何か