日本人にとって宗教とは何か - 丸山照雄

丸山照雄 日本人にとって宗教とは何か

Add: afofiqy53 - Date: 2020-12-15 18:06:30 - Views: 8082 - Clicks: 4820

日本人にとって宗教とは何か Format: Book Responsibility: 丸山 照雄Published: 東京 : 藤原書店 Description: 231p Authors: 丸山 照雄(1932- ). 日本人にとって宗教とは何か 丸山照雄 著 宗教の社会性を真摯に問い行動してきた宗教評論の草分けが、いま大胆に、歴史の背骨をなしてきた宗教についての「自覚」を、若者に向けて、明快かつグローバルに語り下ろす、新しい宗教入門。. 【tsutaya オンラインショッピング】日本人にとって宗教とは何か/丸山照雄 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販.

丸山, 照雄(1932-) 書誌id: bn11342817. 丸山 照雄(まるやま てるお、1932年(昭和7年)4月27日 - 年(平成23年)6月13日)は、日本の宗教 評論家、日蓮宗 僧侶。 出典: Wikipedia? 丸山, 照雄(1932-) 書誌id: bn以下のlink先でもこの図書の目次等.

丸山照雄; 四六上製 248ページ isbn-13:刊行日: 1995/6; 宗教入門の決定版. 6 Description: 231p ; 20cm Authors: 丸山, 照雄(1932-) Catalog. 日本人にとって宗教とは何か /藤原書店/丸山照雄の価格比較、最安値比較。【最安値 2,563円(税込)】(12/2時点 - 商品価格. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 危機の時代と宗教 作者 丸山照雄 販売会社 法蔵館/ 発売年月日 /07/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 6 形態: 231p ; 20cm 著者名: 丸山, 照雄(1932-) 書誌ID: BNISBN:.

8 形態: 318p ; 20cm 著者名: 丸山, 照雄(1932-) 書誌ID: BN11342817. 6: 丸山照雄オウムを語る : 宗教状況と私たち: 丸山 照雄【著】 日本社会党機関紙局: 1995. 現代日本人にとって重要な宗教行事は葬式や法事でしょう。葬式にやってきた人々が皆死者の霊を文字どおり信じているわけではないでしょうが. 日本人にとって宗教とは何か - 丸山照雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 【1日~3日以内に出荷】。【中古】 日本人にとって宗教とは何か / 丸山 照雄 / 藤原書店 単行本【宅配便出荷】. 増補 資料種別: 図書 責任表示: 戸頃重基, 丸山照雄編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 伝統と現代社 東京 : 現代ジャーナリズム出版会(発売), 1980. 日本人にとって宗教とは何か ¥ 500 (送料:¥310~) 丸山照雄 、藤原書店 、平7 、248頁 、1冊.

日本人にとって宗教とは何か 資料種別: 図書 責任表示: 丸山照雄著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 1995. See full list on mskj. 日本人にとって宗教とは何か丸山照雄著藤原書店カバー少ヤケ・小口少ヤケ・古本臭・頁少ヤケ、b6、231頁、ハードカバー・帯、1995年、定2400【古書・送料無料】※送料無料・代金先払い※ 配送方法 郵便局-クリックポスト・配送番号あり・ポスト投函(重量・サイズにより配送方法の. 5%という結果が出ている。 日本人にとって宗教とは、現代においては宗教分離の原則にも関わらず、宗教的な問題が政治問題となっており、宗教団体といえば、すぐに反社会的で被害者が出るもの、知っている宗教団体は政治に深く関わりすぎており、宗教とはなるべく関わりたくないという意識になっている。 日本人にとって国民的な宗教はあるのか。私の答えは「ない。」ということである。 しかし、日本人は日本人独特の宗教をもっており、それは、キリスト教やイスラム教とは別次元のもので、宗教の考え方というよりは宗教との付き合いが、日本の国民性、伝統精神をあらわしているのではないか。私はこれを山本七平氏のいうところの「日本教」と言うには、はばかられる。それは、それが「日本教」となった瞬間に、日本人は離れていくからである。 ただ、仏教を取り入れる際の、世界に稀を見ない神道との融合にしても、キリスト教の伝道、弾圧、再興にしても、仏教の社会化にしても、神道の変遷にしても、日本人には三つの伝統があると考える。 一つは、社会・コミュニティ、あるいは周りの人間との関係. デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 丸山照雄の用語解説 - 1932- 昭和後期-平成時代の宗教評論家。昭和7年4月27日生まれ。立正大在学中に仏教青年運動を組織。日蓮宗現代宗教研究所調査主任のとき,公害企業主呪殺祈祷僧団を組織。昭和45年研究所を辞職。以後は宗派にとらわれない宗教・評論. 日本人にとって宗教とは何か フォーマット: 図書 責任表示: 丸山 照雄出版情報: 東京 : 藤原書店 形態: 231p 著者名: 丸山 照雄書誌id: kb10156702.

Bib: LBISBN:. ニホンジン ニ トッテ シュウキョウ トワ ナニ カ. 日本人にとって宗教とは何か / 丸山照雄著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ニホンジン ニ トッテ シュウキョウ トワ ナニ カ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 1995. 日本人にとって宗教とは何か フォーマット: 図書 責任表示: 丸山照雄著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店, 1995. 6 形態: 231p ; 20cm 著者名: 丸山, 照雄(1932-) 書誌ID: BN12869265. スーパー源氏で取り扱う 【日本人にとって宗教とは何か】【丸山照雄】【藤原書店】500円 の商品詳細ページです。古本検索サイト「スーパー源氏」は、全国300店舗の古本屋から欲しい書籍を横断検索して購入できる、日本最大級の古本・古書専門ネット通販システムです。.

【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】。【中古】 日本人にとって宗教とは何か / 丸山 照雄 / 藤原書店 単行本【ネコ. 1977年『日本人の心をダメにした名僧・悪僧・愚僧』山手書房; 1973年『反情況の砦から : 象徴天皇主義批判 丸山照雄宗教論集』伝統と現代社; 1972年『教団とは何か : 丸山照雄宗教論集』伝統と現代社; 脚注. 宗教評論家の丸山照雄、心不全のため13日死去、79歳。 1932年山梨県生まれ。立正大在学中に仏教青年運動を組織。日蓮宗現代宗教研究所調査主任のとき,公害企業主呪殺祈祷僧団を組織。70年研究所を辞職。. 日本人にとって宗教とは何か. 1 図書 日本人にとって宗教とは何. 7 形態: 327p ; 20cm 日本人にとって宗教とは何か - 丸山照雄 著者名: 丸山, 照雄(1932-) 書誌ID: BA以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。 紀伊國屋書店BookWeb: 子書誌情報.

日本人は宗教に対し、どのような存在なのであろうか。 首相の靖国神社参拝について、年1月調査では賛成46%反対41%、年7月調査では賛成39%反対51%(ともに毎日新聞社世論調査)。また、首相の伊勢神宮参拝については1953年調査では、行った方がよい50%本人の自由23%、1998年調査では、行った方がよい16%本人の自由62%となっている。(共に統計数理研究所調査) また、信仰の有無については、ポーランド、フィリピン、アメリカ、ポルトガル、イタリア8割前後に対し、日本は約3割と、フランス、デンマーク、チェコ、ドイツ、スウェーデンと共に、最低位に位置する。(International Social Survey Program調査・1998年)同じように、宗教団体への信頼度については、アメリカ8割強に対し、日本3割弱、宗教団体の指導者は政府の決定に影響を与えようとすべきではないという問いに対しては、アメリカでは、そう思う30. 丸山照雄著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法藏館,. 日本人にとって宗教とは何か (丸山照雄) ¥550 中国は、いま <岩波新書 新赤版1297> (国分良成 編) ¥400. 今や宗教は日本国にとってまた日本人にとって希薄なものになっているが、日本の歴史上は大きな結びつきと、対立を繰り返してきたことは紛れもない事実である。日本の宗教史を振り返ってみたい。 宗教に関する芽生えは、既に縄文時代にあったとされている。縄文時代、日本人は自然の共生の中でアニミズムとともに信心を持っていたと考えられる。それは祈りの形をした土偶の発見などにより、明らかにされている。また、邪馬台国の卑弥呼は巫女であったとされ、まつりごとの呼び名の通り、政治と祭事は一体のものであると共に、その役割は農耕と祖先への祈りであり、今日まで脈々と生きているものである。 日本の宗教史にとって1つ目の大きな転機となったのは仏教の伝来である。仏教ははじめ他国の神という考えも持たれていたが、やがて東大寺や国分寺建立などにより国家的事業として広められる。その後、神と仏は共存を果たしながら、神仏習合や修験道の確立により、日本における仏教はインドや中国とは違う独特の発展を遂げる。国家においてもまた民衆においても、神道、仏教や陰陽道、道教などは、場面によって使い分ける一体のものとしてそれぞれ信心されていくのである。 次に大きな転換期となったのは、室町後期から江戸時代にかけてである。ここでの大きな出来事は、キリスト教の伝来と、檀家制度である。キリスト教の伝来は、日本にとって、織田信長を頂点としての既存宗教勢力との戦いの一面を見せた。結果としては、その反動として、キリスト教の禁止、檀家制度の確立へと進んでいく。この時代から、日本にとって宗教とは、単なる信心の対象としての宗教は影を潜め、政治的制度としての宗教となり、今の宗教観に近いものになっていったのではないだろうか。 その後、明治維新をむかえ、神道は国家神道として宗教とは切り離されつつも、期待した役割は、欧米におけるキリスト教の役割を期待しつつ、終戦を迎えることとなる。. 日本人にとって宗教とは何か Format: Book Responsibility: 丸山照雄著 Language: Japanese Published: 東京 : 藤原書店, 1995. 教団とは何か : 丸山照雄宗教論集 フォーマット: 図書 責任表示: 丸山照雄著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 伝統と現代社 東京 : 現代ジャーナリズム出版会(発売), 1972. 藤原書店, 1995. 2: 対峙の倫理 : 日本の現在を生きる: 丸山照雄, 桑田礼彰 著: 藤原書店: 1996.

さて、現在の日本である。無宗教と言われながらも宗教的イベントや、宗教施設には縁を持っている日本人。感覚でなく、正確な数字を追っていきたい。 日本には、宗教を信じる信者数は一体どのくらいいるのだろうか。文化庁の調査によると、現在2億1000万人余りの信者が各宗教団体から報告されている。その内訳は、神道系約1億860万人、仏教系約9350万人、キリスト教系約220万人、諸教約960万人である。ご存知の通り、日本の人口は約1億2500万人であり、人口よりも多い信者数がいることになる。一方、世論調査による日本人で特定の宗教に入っていると回答している人は1割弱、単純換算すると約1100万人しかいない。 奇妙な数字であるが、日本人の感覚からすると納得してしまう数字でもある。何をもって信者とするのかという定義が違ってしまえば、日本人のほとんどの人間は神社に行きお祈りをし、賽銭という寄付を行い(神道の信者)、またそのほとんどの人間が入るべき墓を持っているか、持とうとしている(仏教の信者)。ただ何となくではなく、きちんと信心し、活動を行っている人は10人に1人ぐらいであろうということである。 日本人の信仰心は元々低かったのであろうか。考えられるのは、終戦を迎え政教分離により、一切の宗教教育がなされなくなったことにより、信仰心が急速に低下していったということである。読売新聞が1950年から継続して行っている「信仰があるか、ないか」という世論調査によると、「信仰あり」と答えた人が1950年には約3分の2いたのに対し、1970~80年代にかけては3分の1に落ち込み、さらに1995年以降は2割余りに低下している。 信仰心は低いが、宗教的行動になると約8割の人間が盆・彼岸の墓参りをし、約7割の人間が初詣をし、約半分の人間が仏壇・神棚への礼拝を行っている。(年読売新聞世論調査)また、これらの行為は1979年以降、微増の傾向にある。また、54%の世帯に神棚があり、61%の世帯に仏壇があるというデータである。(1995年朝日新聞調査)行為だけを見ると何と宗教心の厚い国民であるかと思う。. 丸山照雄 監修: 実業之日本社:. 2: 日本人にとって宗教とは何か: 丸山照雄 著: 藤原書店: 1995. 6 形態: 231p ; 20cm 著者名: 丸山, 照雄(1932-) 書誌ID: BNISBN:. 日本人は、外国であるいは外国人に「あなたの宗教は何ですか?」と何気ない質問をされた時に、大きな戸惑いを示す。葬式は仏式だから仏教?でも初詣や願い事は神社だから神道?でも結婚式は教会だからキリスト教?でも結局どれも心の底から信じているようなものではないないから「無宗教です」と。他人事のようだが、あなたは自分の宗教を明確に答えられるであろうか。 宗教が密接に生活や文化、政治経済に関わっている外国人にとって、この無宗教という答えは理解に苦しむらしい。日本人は本当に無宗教なのだろうか。また、そもそも日本人にとって宗教とはどのような意味を持っているのだろうか。 世界各国の国民性を語る上で宗教との関わりは、非常に大きな影響を与え、歴史と共に国民性を形作っていると考えらえている。しかし、日本において、その基盤となる宗教は、実態として各個人にとっては大方意識しないものになってきていると考えられている。 9・11以降、人類にとって宗教はより重い意味を持つようになってきている。一方で日本人にとって宗教とは、意識にないものであり、その宗教観の欠如が日本の伝統精神の減衰につながっているのではないか。本レポートでは日本人にとっての宗教を考えた上で、宗教観に基づきつつ、日本の伝統精神とは何なのかを考察していく。. 丸山 照雄『日本人にとって宗教とは何か』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. Amazonで丸山 照雄の日本人にとって宗教とは何か。アマゾンならポイント還元本が多数。丸山 照雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 9 形態: 307p ; 20cm 著者名:.

日本人にとって宗教とは何か - 丸山照雄

email: uzovy@gmail.com - phone:(323) 384-9772 x 8533

NHKためしてガッテン食べ物・栄養・健康にチャレンジ! カルシウム・でんぷんの秘密をさぐる - NHK科学・環境番組部 - 真宗基礎読本 細川行信

-> 三世代探偵団 次の扉に棲む死神 - 赤川次郎
-> 『偕行社記事』目次総覧

日本人にとって宗教とは何か - 丸山照雄 - 地球の新しい愛し方 白井剛史


Sitemap 1

人ある限り人権を。 - 部落解放研究所 - いのちのシャワー 松田高志